住宅展示場へ出かけよう!

練馬で家を建てる場合は、住宅展示場へ行くのがおすすめです。家づくりのヒントを断片的にでも知ることができます。

住宅展示場ではどんな情報を手に入れるといいの?

坪単価を教えてもらおう

坪単価は、ほかの住宅と比較検討をする際の基準となります。また坪単価を知れば、土地を所有している場合の費用目安を算出できます。

断熱性や気密性の高さを教えてもらおう

暑さや寒さがどれだけしのげるかは断熱性や気密性にかかわってきます。また換気システムについても質問しましょう。

収納性についてハウスメーカーの見解を聞こう

どんなに家が広くとも収納がなければ台無しです。収納性に関しては必ず質問しましょう。

子育てに良い家か、その利点を教えてもらおう

子育てしやすい家には機能が備わっています。できるだけ、その利点を教えてもらいましょう。

住居を建てられる宅地があるかも聞こう

土地がなくても一戸建てが欲しい場合、住宅展示場の担当者に宅地があるかを必ず聞いておきましょう。

自由に見学することが出来ます

一軒家

練馬区にある住宅展示場の仕組みは自由に見学できるという点にあります。展示場の営業時間内であれば、いつでも見学することが出来ます。住宅展示場のエントランスには受付がありますので、まずはそこで住宅展示場のマップをもらいます。マップには住宅展示場内に設置されているモデルルームがハウスメーカー名とともに記載されていますので、気になるハウスメーカーのモデルルームがあったらそこへ向かいます。特に気になるハウスメーカーが無ければ、自由に場内を散策します。気になったモデルルームがあったら、中に入ってみましょう。モデルルームの入り口にはスタッフがいますので、通常はそのスタッフがモデルルーム内を案内してくれます。スタッフからはモデルルームの強みや特徴などについて、親切・丁寧に、かつ詳しく説明してくれます。また、モデルルーム内には所々に説明文の看板も設置されていますので、家造りの参考となります。一通りモデルルーム内の見学が済んだら、外見も見るようにしましょう。モデルルーム1箇所を見学するのに要する時間はおよそ1時間ですので、1日に約3から4箇所ほど見学しましょう。

あらかじめイメージを整理して利用しよう

相談

練馬区にある住宅展示場を利用するにあたっては事前に準備しておくことがあります。それは自分がどのような家を作りたいのか、そのイメージを整理しておくことです。例えば和風なのか、洋風なのか、住宅設備はどこのメーカーを使用するのか、キッチンはどんな配置にするのか、などについて、できるだけ具体的にイメージを作っておくことが大切となります。イメージが無いままに住宅展示場へ出かけても、結局何が良いのか分からず、あまり効果はありません。見学する前にあらかじめ目指している家造り像についてイメージしておけば効果的です。なお、練馬区にある住宅展示場は基本的には特に事前申込や予約は不要です。このため、気軽に利用することが出来ます。