HOME>トピックス>新しい街と古い街が交じりあった街となっている

都心へ出やすい環境

電卓と家

東京都内で賃貸物件を探す時に考えることは、まず通勤通学に便利な場所であることが一番です。東京都内にあっても交通機関が不便な場所同士での通期や通学になると、そのことだけで無駄な時間の消耗とストレスを抱えるだけのことになってしまいます。そんな東京都内でも、中心部へ通うとなった時、意外と便利な場所が荻窪と言われます。JR中央線が走ることや東京メトロの地下鉄が走るなど、都心へ通うには非常に便利な地域となっています。また地下鉄を利用する場合始発駅になり、座っての通勤も可能と言うことも人気の理由です。

幅広い賃貸物件がある

家族

荻窪の良さは、駅周辺はさすがに近代化された街となり、暮らしに必要なものは全て揃えることが出来る上に、一歩路地奥へ進むと緑も多く感じることが出来ることが出来ることと言われます。都会にあるギスギスした感じを持たずに住むことが出来ることや、賃貸住宅もいろいろなタイプが用意されている嬉しさもあります。一等地にある賃貸物件でも特別に高い費用とはなっていないことや、古くなった賃貸物件も数多くあることから始めての東京と言う人にも環境の良い街として紹介出来る良さを持っている街と言って良いでしょう。1DKでは6万円台から用意されており、2DKクラスになっても10万円を切る程度の費用で入居出来ることも、住みやすい条件と言って良いと思われます。